盗聴・盗撮発見

盗聴・盗撮の現状

 日本国内で販売される盗聴機器の数は年間約40万個と言われています。以前に比べ現在は、一般の方でも盗聴器の他、盗撮カメラ・ビデオ等がインターネット通販で簡単に購入可能です。
 メディア・TVのドキュメントで観ていた光景は他人事ではなく、身近なモノになってしまったのかも知れません。

 あなたのプライバシーは守られていますか?

 上記の通り、機器の安易な購入が可能な現在、盗聴の他、盗撮問題が世間を騒がす事が多々あります。以前の盗聴による情報収集といった目的から、猥褻目的の個人的な趣味を行う側、すなわち購入者による盗撮犯罪が目立つ傾向にあります。よって、当事務所においても盗聴発見に+盗撮発見も同時に依頼されるという方も増えてまいりました。

盗聴器の種類

一般型盗聴器 半永久持続型盗聴器 携帯電話型盗聴器
 一般的に盗聴器と言えばこのタイプと言えます。コンパクトなので設置の場所を選ばないタイプです。専用受信機・レシーバーを使用して音を拾います。電波飛距離が100m以内~約200mがと短く、電池の寿命が短いといった短所があります。  コンセント内にの盗聴器を仕組んだ盗聴器です。普通のコンセントしても使用でき、一般型盗聴器と違い、半永久的に電源を確保できる長所がありますが、設置場所は限られるといった短所があります。  携帯電話回線(デジタル電波)を使用する盗聴方法なので、一般型、コンセント型の2つの盗聴器とはある意味全く異なります。よって、通常の盗聴調査には反応しない、また、傍受側がいつ何時、どれだけに離れていても盗聴器の役割を負う携帯電話に発信するだけで盗聴できるという長所があります。



調査料金表


 一般    ワンルーム  ¥35,000~
 2LDK~3LDK  ¥55,000~
 一戸建て  ¥90,000~


 企業
(オフィス・店舗等)  
 10坪以下  ¥55,000~
 10坪~30坪  ¥85,000~
 30坪~50坪  ¥135,000~
 50坪~70坪  ¥185,000~
 70坪~100坪  ¥235,000~
 100坪以上  応相談