失敗しない探偵・興信所選び

 平成19年6月「探偵業務の適正化に関する法律」=探偵業方法が施行されました。この法令に従い、探偵業を営むには公安委員会への届出が必要となりました。探偵業法の内容はこちら

①連絡先・事務所の所在地を明らかにしているか?

 事務所の所在については、実際にその記載された住所に行って確かめてみる、または事務所にての訪問相談を希望する事をお勧めします。ある調査会社は規模を大きく見せため・相談者の安心を得るために、いくつもの支店・/支社を抱えているように見せかけています。その実態は架空の住所であったり局留めや転送電話をおくだけのレンタルオフィスを使用している・・・等の事実が確認されています。そのような業者は事務所の実態が無いために当然、出張相談を勧めてきます。「こちらから出向くのでそちらの都合の良い喫茶店かファミリーレストランで一度お会いしませんか?」とやさしい感じで。「わざわざこちらまで出向いてくれるんだぁ、親切なんだなぁ・・・」なんて感心しないで下さいね。そもそも実態を偽り商行為を行うのですから詐欺と同じです。そのような業者が少なからず実在しています。連絡先がフリーダイヤルのみというのも要注意です。フリーダイヤルの番号からでは市外局番は判りませんよね。よって、偽りの住所を使用し、支部の数を多く見せかけるにはもってこいの方法なのです。

②料金表を表示しているか?または異常に安く表示していないか?

 一昔前の探偵・興信所の現存する悪しき慣例として「どんぶり勘定」「客の足元を見る」などがあります。電話やメールなどでは一切見積もりに応じず、何かと直接の面談に持ち込もうとする業者は、面談の場で法外な料金を提示し、あらゆる手法を用いて契約へ持ち込もうとします。料金表があれば、実際の見積もりに多少食い違いがでても、面談前に目安とできます。また、異常に安く料金を表示している業者(¥2,500~など)は、客寄せのための嘘でしかありません。相談者を安い料金提示で呼び寄せ、面談の場に持ち込めば取り込めると考えています。そして、調査後に不透明な経費を平気で請求します。中には恐喝まがいの行為をするケースも多いと聞きます。また、厄介なのは調査能力のない「にわか業者」の存在です。にわか業者は「探偵っておもしろそう・・・探偵なんて誰でもできる・・・」等の素人感覚や副業・アルバイト感覚で仕事を請け負うので、料金は安いですが、ほとんど結果など期待できません。結果の出ない低料金では意味がありません!

③探偵業の実務や経験はどうなんだろう?

 近年、探偵業をサイドビジネスとしている個人・会社が多く実存します。他、「自称探偵・にわか探偵」も数多く存在するのも現実です。このような業者の中には「探偵は高いから=儲かる!」と安易な発想や感覚により、参入に踏み切った.....そのような要素が決して少なくないと思われます。その実例は新たに業界に入る参入者の数、それと減ってゆく業者の数に見事に反映されています。個人的に思うところですが、そのような業者は探偵業を完全ビジネスとして捉えがちなのでは?と、これまでの交流や経験から思うところがあります。そのようなところにあなたの抱えた切実な悩み・プライバシーを任せられますか?
 問題が切実だからこそ、お金を運んでくれるコウノトリとして扱われるのは怖くないですか・・・?
 ご相談内容に沿ったプランやアドバイスもそこそこに、FC教育や探偵学校で学んだ「契約」や「料金」の事ばかり聞かされるのではないでしょうか?当方も勿論、ボランティアや慈善事業ではありません。
 しかし、探偵=儲かる、などの安易な発想で立ち上げた業者とは明らかに別の物という自負とポリシーを持っております。勿論、現場経験からくるものが大きいと体感し、それにより最適な解決方法・プラン・アドバイスを提供することができる思っています。また、上記の2でも少し触れましたが、にわか探偵業者は看板業務としての「調査力」に疑問が残ります。



④完全成功報酬制の嘘・実態

 「完全成功報酬、結果が出なければ料金はいただきません!」・・・このような謳い文句は予算に余裕があまりない方には特に魅力のある言葉に映るでしょう。しかし、よく考えてみて下さい。浮気調査などは人探し等と違い成功と判断する基準が難しいものであったりします。どこまでが成功の部類に入るのか?マンションへの出入り一度が撮れたから成功なのか?ホテルへの出入りが一度撮れたから成功なのか?そのような証拠が何回必要なのか?ケースにより、その成功の基準、必要とされる内容も変わってくる事もございます。
 例えば、浮気の有無の確認を希望される調査など、対象者がクロかシロか分からないため、それを確認するために調査をするのです。シロならば、それこそ調査に費やす日数や時間が掛かることでしょう。
 実際、「やらずぼったくり」ならば一切の費用(交通費等)の負担もないのですが、本当に何日も調査を行って結果がシロであれば、調査会社的に利益は全くありません。ボランティアや慈善事業の調査会社は存在しません。実例を申し上げると、「結果が出ない(実際は調査を行っていない)=調査料金=無料」しかし、調査料金以外の名目で○○十万円と請求されるのです(例えば経費)。その経費も使途不明と聞きます。
 最近、多いこの完全成功報酬の謳い文句ですが、このような例で被害に遭われた相談者は決して少なくないと思われます。

※当方も成功報酬プランをご用意しておりますが、適用する場合は相談担当者の判断を必須としております